ブーン芸の独り言

ブーン系小説についてとか独り言とか 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top
 
 

( ^ω^)ブーンはふたたびデジモンを育てるようです その5(終)

そう、その運命の日はやってきた。

その日の朝はいつもと変わらぬ目覚めを迎えた。
朝、目が覚めていつもどおり着替えて、顔を洗って、朝ごはんを食べて……。

ただ、その日はいつもと違う事が一つだけあった。
友人と遊びに行く約束をしていたのだ。

そうしてやってきた待ち合わせ場所にまだドクオは来ていなかった。
まぁ待ち合わせの時間よりも大分早く着たから当然なんだけど。
ガードロモンと一緒にバトルをしながら時間を潰した。
そうそう、その時についに記念すべき100回目のバトルをする事が出来たんだ。
勿論ガードロモンはばっちり勝ってくれた。

( ^ω^)】「もしもしドクオ? 今どこだお?」

('A`)】『あー……家?』

( #^ω^)】「僕、今日絶対遅刻するなって言ったお? 言ったおね?」

(;'A`)】『すみませんごめんなさい勘弁してくださいすぐ行きます』

まったくいつもいつもドクオはこうだ。

結局待ち合わせの時間に15分遅れてドクオはやってきた。
拝み倒すドクオに心底あきれつつも、まぁしょうがないかと許してしまう自分は少し甘いと思う。

それから僕らは今日の目的である本日公開の映画を見ることにしたんだ。

( ^ω^)「あー。『ブーンがポケモンマスターを目指すようです』面白かったお!!」

映画を見終わってから僕らは映画館の傍のファーストフード店に来ていた。
二人で見た映画の興奮が冷め遣らず、感想を語り合った。

('A`)「やっぱ友情とか絆とかいいよな」

('A`)「そういえばお前デジモンやってるんだったよな? ちょっと見せてくれよ」

( ^ω^)「おっおっ、いいお!」

アプリを起動して携帯を手渡す。

( ^ω^)「どうだお、僕のガードロモン。結構強いんだお」

ドクオは画面を見て少し首をかしげている。
何かおかしなところでもあるんだろうか。

('A`)「なぁ、これ死んでないか?」





( ^ω^)「……は?」

('A`)「これ見てみろよ」

そういって僕の携帯のディスプレイを指差すドクオ。
その指先を視線で追っていくと、画面になにやらPCのようなものが映し出されていた。
僕のガードロモンの姿はちらっとさえも残っていない。

( ^ω^)「そん、な……」

ガードロモンに寿命が来てしまった。
今になって冷静に考えてみれば、完全体への進化は運の要素が強いため、
成熟期のまま寿命を終えることなんて珍しい事じゃなかった。
でも、自分のデジモンはそんなことにはならないだろう、なんて何故か思っていたんだ。




こうして、僕とガードロモンの挑戦は終わった。
ほんのわずかな間だったけど、僕は絶対に彼と過ごした時間を忘れはしないだろう。
端から見れば『たかがゲームで何を』と思う人もいるだろう。
でも、僕にとっては大切な、とても大切な日々だった。

( ^ω^)「さようなら、ガードロモン」



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


人間界によく似た別の世界、デジタルワールド。
満天の星空が静々と輝き、下界の景色を優しく照らしている。
その景色の一角、ブロックを組み合わせたようなデジモンが草原で寝袋に包まって寝転がっている。
隣にいる青年は煙が上がる消えた焚き火を見つめ物思いにふけっているようだ。

「ねーブーン、なにしてんのー?」

( ^ω^)「あ、ごめんおトイアグモン。ちょっと昔の事を思い出してたんだお」

トイアグモン「ふーん。もう夜も遅いし、早く寝ようよー」

( ^ω^)「だNE。明日はファクトリアタウンに行かなきゃだし」

トイアグモン「そこに行けばオイラも完全体に進化出来るかなぁ」

( ^ω^)「まぁその辺はいってみないとわからないお。でもブーンはきっといけるって信じてるお!」

トイアグモン「ブーンがそういうならオイラ、なんとかなりそうな気がしてきたよ」

( ^ω^)「その意気だお! それじゃあおやすみ」

トイアグモンと呼ばれたデジモンはおやすみと一言答えてすぐに眠りについた。
青年、ブーンはそれを確認すると自分の寝袋に潜り込んだ。

( ^ω^)「ガードロモン、僕はきっとこいつと一緒に完全体になってみせるお」

( ^ω^)「だから見守っていて欲しいお」




~終わり~







\(^o^)/

なんというよくわからん終わり方。


というわけで半フィクションブーン系小説をお送りしました。
最近携帯アプリのデジモン始めたのでちょっとその様子をブーン系にしてみようかなと思っただけです。
と言ってもここまで入れ込んでないですけどね。
ラストは後から思いついて追加したけどいらなかったかもしれないなぁ。

わけわかんないと思うので解説すると
あの後ブーンは気持ちを入れ替え二体目のデジモンを育てようとしたところ、携帯が激しく輝き
そのまま携帯の中に吸い込まれてしまったのです。
そして目を覚ました場所はデジタルワールド。
ブーンはパートナーのトイアグモンとともにデジタルワールドを救う旅に出る!

そんな感じです。そんな妄想が沸いたので追加してみたんです。
   23:34 | Comment:5 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 芸名無し [URL] #z8Ev11P6
デジモンやりたくなってきた
 2008.09.13 (土) 01:36 [Edit]
  [URL] #aIcUnOeo
>米1
さぁ、君も今すぐバンダイコレクションでアプリをダウンロードだっ!
 2008.09.13 (土) 18:36 [Edit]
 名無し [URL] #-
泣ける(´;ω;`)
 2009.03.12 (木) 02:08 [Edit]
 芸名無し [URL] #-
面白かった!デジモンがやりたい…
 2010.11.05 (金) 18:42 [Edit]
  [URL] #aIcUnOeo
>米3
自分のデジモンが死んでしまったときって
なんともいえない切なさがありますよね……

>米4
ありがとうございます!
11月6日にデジモンミニの新作が出たみたいです
でもなんだか従来のデジモンっぽくなさそう?
以前のver.のミニがゲットできれば良いんですけどね……
 2010.11.08 (月) 19:24 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://boongei.blog25.fc2.com/tb.php/75-8441c014
 
 
 
プロフィール
 

ブーン芸

Author:ブーン芸
( 芸)<ようこそ

1番目◆YSnySkGF.o
2番目◆GEI3zaQxt2
3番目◆GEI3eDQQ4Y

なんかここはダラダラとブーン系の事とか色々と書いたりしてます
更新頻度はそこそこです
芸聞く

リンクご自由に
一報あると喜びます

 
カテゴリー
 
 
最近の記事
 
 
最近のコメント
 
 
最近のトラックバック
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。